主催者の声

主催者の声 · 2018/05/19
■5/19(土)10:00-10:40 ① 話題:イラン核合意 今日の話題は、イランの核合意であった。 トランプ手法 この合意は国際関係上の出来事であるが、これを国際関係上で解決するのではなく、関税と経済による解決しようとしており、これをトランプ流というのである。 今後の展開 関係者が英、仏、独、露、中、米、イランとなり、今後イランと取引する全ての企業は経済的取引の対象とするのが骨子である。 フランスはエアバス社と石油関連企業で取引がり、かなりの被害が出そうであり、EUが一丸となって、米国のこの措置を防げるかが鍵となりそうである。 ただ、フランスの取引に支障が出た場合、この機会に乗じロシアは自国の航空機を販売しようとし、また、中国も同じ手法を模索しそうである。 参照動画 The Debate: The Deal of Donald versus Donald http://www.france24.com/en/20180517-eu-vows-keep-iran-nuclear-deal-protect-european-businesses-macron-sofia
主催者の声 · 2018/05/12
数点のニュースについてまとめと論評を加えた。 ①イランの核合意からの米国の離脱とその経済報復措置 ②イラクの議会選挙での女性候補の活躍ぶりとその現状 ③米国の北朝鮮との首脳会談設定の背景とその行方 目まぐるしく変化する情勢に興奮すると共に、予測不可能な先行きに不安感もあり、真剣な論評とまとめをもつ時間となった。 参照 https://www.youtube.com/watch?list=PLCUKIeZnrIUkh8TuvqH-uEdE5JHZWtk7x&time_continue=1&v=ccbsZgKMk3E
主催者の声 · 2018/05/12
フランスの海外部隊を取り上げた。 長い歴史をもつこのフランスの海外での軍事展開をする部隊である。 150か国以上の国籍を持つ傭兵たちが、フランスの国益のために戦ってきている歴史を持ち、①軍と軍人の国籍の関係②フランスのこの部隊がもたらす国益③どのような理由でここで傭兵たちが軍人として働くのか、という点で興味深いものであった。 参加者とは、このような論点からまとめ、コメントを交わした。 参照 http://www.france24.com/en/20180427-video-reporters-french-foreign-legion-army-military-mali
主催者の声 · 2018/05/06
5/5(土)は、10:00からと11:00の2コマのworld news web cafeの開催。 1ヶ月パス保持者の参加と1回のチケットの参加。ただ、1回の参加者に不具合があり、途中退席となる。終了後、原因を再度確認し、不具合が判明し、次回フリーで参加をしていただくように伝え、了解を得る。 zoomアプリの不慣れもありながらのスタートで様々なこともありながら、4回が終了したこととなる。 英語をコミュニケーションの手段として使用し、情報達人と英語達人を目指すという野望を抱きながらのまずまずの展開である。
主催者の声 · 2018/04/29
フリーパス・チケットの申し込みが2件あった。本当に喜ばしい。 5月初旬でこの新しいホーム・ページの構成などに区切りをつけ、world news web cafeそのものの方に全力を向けるようにする。楽しみだ。
主催者の声 · 2018/04/28
4/28開催予定のWorld News Web Cafeは予約者なし。残念ではあるが、率直に認め、今後の教訓としたい。 ①ホーム・ページの充実②動画の厳選③解説のより一層の充実など。午後は名古屋でのchairの仕事があり、そちらで頑張ることとする。
主催者の声 · 2018/04/22
World Englishes: 英語のEnglishは単数形しかないとなっているがこれが果たして理屈に合っているのかがテーマ 英語が世界に広まる過程で英国ではない地域で使われるようになり、本国では使われない”英語”が使われている現状。 ただ、言葉は常に変化し、新たな語彙や考えを表現するものであるが故、当然の結果ともいえる。 英語が使用される地域ごとにその地域あった表現を自己増殖しながら世界で使われ、多様な表現をもつことで、世界語として使用されている現状。英語の拡大は、変化の歴史ともいえるのではないか。 この現状認識を基に、どのような正統性をイギリスの英語が持つのか、また、もはや正統性は持たなくなっているのか様々な議論を交わした。 参照 https://www.youtube.com/watch?v=2_q9b9YqGRY
主催者の声 · 2018/04/19
第1回で二名の参加者。話題は「 me too movement」。その内容は、①韓国でのこの運動に動き、それに対する ②オランダ人研究者の分析やコメント、その後、 ③パキスタンの最下層者から上院議員になった女性の半生を報道したものであった。 これらを15分の英語での動画でみて、論議がはじまった。 僕としては、上出来の結果で思っている。 また、終了後、アンケートを実施し、返信のあったアンケート表では、上出来の評価をいただいたので、少し安堵している。